グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  リハビリ >  教えて! 回復期リハ3

教えて! 回復期リハ3


回復期リハ病棟に入院するのは、どんな患者さん達なのか?

ここでは、回復期リハ病棟に入院する「平均的患者像」についてご紹介します。
2020年3月発行に 回復期リハビリテーション病棟協会が発行した
「回復期リハビリテーション病棟の現状と課題に関する調査報告書」をもとに まとめてみると…
回復期リハ病棟の 平均的患者像
平均年齢 76.6歳(脳血管 73.1歳 ・ 運動器 79.6歳 ・ 廃用 80.6歳)
男女比 42.2% : 57.8%
回復期リハ病棟入棟時のBMI 21.7
原因疾患の比率 脳血管:運動器:廃用 = 45.0 : 46.5 : 8.5
脳血管疾患の比率 脳梗塞:脳出血:くも膜下出血 = 65.7:27.7:6.6
廃用症候群の比率 肺炎:その他 = 43.0:57.0
発症から回復期リハ病棟入棟
までの待期期間
24.2日(脳血管 28.6日 ・ 運動器 20.7日)
紹介から回復期リハ病棟入棟
までの待期期間
11.7日
回復期リハ病棟での平均入院期間 67.5日(脳血管 83.3日 ・ 運動器 54.9日 ・ 廃用 56.6日)
在宅復帰率 78.6%(自宅退院 66.7% ・ 在宅系施設への退院 12.1%)
在宅以外への退院率 21.4%(老健 6.8% ・ 転棟転院 7.6% ・ 急変による転院転棟と死亡 6.9%)
ポイントを 更にまとめてみると…

  • 平均年齢は約75歳で、脳血管の患者さんは やや若い
  • 原因疾患は、脳血管疾患と運動器疾患が45%ずつで、残りが1割が廃用
  • 廃用症候群の約半数が肺炎後の廃用
  • 発症から回復期病棟入棟までは、約1か月、紹介からは10日程度
  • 回復期リハ病棟での入院期間は 70日程度で、脳血管で約3か月、運動器と廃用は約2か月
  • 回復期リハ病棟で訓練をすれば、在宅復帰率は約8割で、そのほとんどが自宅退院
  • 逆に回復期リハ病棟で訓練をしても、2割は帰れず、老健入所や転院する、急変や死亡は1割弱

回復期リハ病棟の患者さんのイメージが、より具体的に掴めたのではないでしょうか?
こういったご高齢の方々の約8割を、在宅復帰させることができるって、すごいことですよね。

では、回復期リハ病棟では、具体的に、何が、どの程度 回復するのでしょうか。
次回は、それを理解するために必要な、リハビリの評価指標であるFIMについてご説明していきます。